国内旅行

Go To Eat ってどんなキャンペーン?簡単に説明します!

今話題となっているGo to トラベルキャンペーンですが、

農林水産省が、総額約2003億円をかけて、甚大な被害を受けている飲食業界を支援する「Go To イート(Eat)キャンペーン事業」を8月下旬ごろから実施すると発表をいたしました。

 

Go To Eatキャンペーン事業の目的?

そもそもこの「Go To Eat キャンペーン事業」が始まったきっかけは、冒頭でも説明いたしました飲食業界や、食材を供給している農林漁業者ををサポートするというのが目的のキャンペーンです。

スケジュールについて

7月21日(火)〜8月7日(金)まで公募を行い、8月の下旬からスタートをする予定です。

参加条件ってあるの?

飲食店の参加条件としては、業界のガイドラインに基づいて、感染予防対策に取り組んでいることが条件となっております。

感染予防の対策ができていない飲食店に関しては、参加することができないとのことです。

こちらは農林水産省が出している公募の詳細↓

 

農林水産省が直接契約

食事券発行事業者

オンライン飲食予約サイト事業者

実績確認事業者

キャンペーン参加支援事業者(相談窓口、申請案内、広報)

公募は企画競争入札によるが、コスト面でも評価項目に含める

「引用元:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html」

キャンペーンの内容について(ポイントは2つ)

食事券(25パーセント上乗せ)

GoToイートキャンペーンに登録している飲食店で使えるプレミアム付食事券を地域の販売窓口などでチケットを購入すると、購入額の25パーセント分上乗されます。

例えば、あなたが1万円分の食事券を購入した場合、1万2500円(25パーセント分上乗せ)を使用することができます。

2,500円もお得になる為、普段外食をしている方にとってはとてもいいサービスですし、これで飲食店に還元されるということです。

回数に上限はないとのこと。

■食事券の注意事項はこちら↓

  • ※食事券の販売は2021年1月末までです。
  • ※食事券の有効期限は2021年3月末までになります。
  • ※購入制限は一回の購入当たり2万円分までになります。
  • ※お釣りは出ません。
「引用元:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html」

オンライン飲食予約

オンライン飲食サイトで予約・来店した場合、基幹中に飲食店を予約・来店した場合、次回の利用から飲食店で使用できるポイントを付与してくれる。

お昼の時間帯であれば、500円分のポイント、夕食の時間帯(15:00以降)1,000円分のポイントをもらえるという事です。

回数に上限はないとのこと。

■オンライン飲食予約の注意事項はこちら↓

  • ※ポイントの上限は、1回の予約当たり10人分(最大で10,000円分のポイントをもらえます)
  • ※ポイントの付与は、2021年1月末までになります。
  • ※ポイントの有効期限は2021年3月末までになります。
「引用元:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html」

農林水産省から以下、注意書きが出ていますので、こちらも参照ください。

飲食店の皆さまへ

本公募は、オンライン飲食予約サイト事業者、食事券発行事業者、実績確認事業者等を公募するものであり、本キャンペーンに参加する飲食店を公募するものではありません。

飲食店の皆さまには、追って本公募によって決定した事業者に登録し、ご参加いただくことになります。

「引用元:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html」

まとめ

飲食業界は、大ダメージを受けている中、政府が負担することで飲食業界並びに消費者にとってもポイントの給付や、食事券(25パーセント上乗せ)は

非常に魅力的なキャンペーンです。

また、しっかりと業界のガイドラインに基づいて、感染予防対策に取り組んでいることが条件となっている為、消費者も飲食店も注意していただくことになっております。

Go to トラベルに続いて、Go To Eatキャンペーンいかがだったでしょうか。

この際に普段行けないところなどに、行く機会としてはいいのではないでしょうか。

初心者向け 体脂肪を落とす手順(減量編)前のページ

映画「ジュラシック・ワールド ドミニオン」2021年6月から全米公開予定!前作を見る必要はある?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カナダ留学

    カナダ、トロントってどんなところ?
  2. 英語学習

    英語を習得する必要性とそのメリット
  3. 英語学習

    英語が苦手な人への勉強法。日本人が英語を話しにくい理由って?
  4. 英語学習

    外国人の恋人がいると英語力は上達するの?
PAGE TOP