事故

モーリシャス沖で貨物船の重油が流出 原因と環境への影響とは。

モーリシャス沖で貨物船の重油流出。原因は?

 

インド洋にある島国モーリシャス沖で日本の貨物船(WAKASHIO)が7月25日に座礁し、大量の燃料が流出をしました。
座礁した船会社は、岡山県笠岡市に本社がある株式会社長鋪汽船(ながしききせん)。
日本のコンテナ船の運行などを行っている海運会社である。
貨物船「わかしお」は、商船三井という会社がチャーターしたものになるが、国際条約のルールにより賠償責任は船の所有者、つまり株式会社長鋪汽船が負担することになる。

今回の重油流出の原因はどこにあったのでしょうか。
アメリカの雑誌、フォーブスによると、衛星からの写真を追跡していくと、モーリシャス島への接近速度が変わらず、通常の速度(およそ時速20キロ)で運行されていたため、貨物船の乗組員は船が島に近づいていることを認識していなかった可能性があるとしていますが、何現時点でははっきりとした原因は分かってないとのことです。

「引用元:https://www.bbc.com/japanese/53731998」

 

モーリシャス沖の環境への懸念

今回の貨物船「わかしお」に積載されていた燃料タンクの油の量は、約4000トンにのぼり、1000トン以上のオイルが海に流出したことがわかっている。
現時点で、船内に残っていた油はほぼ全て回収することができたとのことだが、船体を完全に撤去するには数カ月かかることが想定されており、周辺の生態系に深刻なダメージを与える可能性があるとし、モーロシャスのジャグナット首相が環境緊急事態宣言を出すよう命じた。

モーリシャス島の環境にどんな影響があるのか。
今回の問題としては1000トン以上の大量の油が海へと流出してしまった事もさることながら、沖合ではなく、島付近自然保護区ブルー・ベイ・マリーン・パークの近くで座礁してしまったことによる環境へ大きな影響を与えてしまっている。

モーリシャス島といえば、インド洋の楽園と呼ばれ、年間100万人を超える人気のリゾートとして知られています。
この国が誇る青いサンゴ礁やマングローブ、絶滅危惧種に指定されている海亀などの海洋生物が人気を集めており、
大変希少な生物が生息する保護区域として知られる「ポワントデスニー」の環境へのダメージが計り知れません。

そして大量の油が与える環境絵の影響として、まずは美しいサンゴ礁が茶色や黒色へと返照することが懸念され、時間がたたないうちにサンゴ礁が死んでしまうことになる。

そしてサンゴ礁付近で生きている海洋生物は、サンゴ礁が死んでしまうことで、魚たちもモーリシャスの
海で咳圧ができなくなってしまい、やがては絶滅してしまう。

また、環境だけの問題に止まらず、モーリシャス島の特徴でもある観光ビジネスにもダメージがあり、
シュノーケリング、スキューバダイビングやイルカウォッチングで生計を立てている人たちへのダメージが非常に大きいとされています。

島の人々は重油まみれになりながら現在も作業に追われているとのことです。

 

過去の重油流出の影響

これまで過去に油が海などに流出してしまうことによる影響がどうだったのか。いくつか例を挙げてみました。

1)メキシコ湾沖「ディープウォーター・ホライズン」
2010年4月20日に起きたこの事件は、石油採掘施設ディープウォーター・ホライゾンで起きた火災爆発により過去最悪と言われるた事件となり、11名の作業員の尊い命が奪われました。ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ、フロリダの各州で非常事態宣言が出され、原油流出量は推計7200万リットルにのぼりました。
これによりプランクトンからイルカなどの海洋生物までの数千種類が死滅したと推定されています。

2)アラスカ州沖 エクソンバルディーズ号原油流出事故
こちらは1989年3月24日に、原油タンカーであるエクソンバルディーズ号が座礁し、積載量の20%にあたる原油を流出させてしまった事件。油の流出量はメキシコ湾沖の事件までとは行かないものの、大量の海洋生物が死滅。
三等航海士が正しく操舵しなかったことが主な原因とされ、人為的環境破壊としては最大級のものとして大きな問題として取り上げられた。

 

まとめ

現在、地元警察などが操作を進めていますが、
なぜ今回、貨物船「わかしお」が、モーリシャス島のサンゴ礁に近づいたのかはいまだに明らかとなっておらず、
今も島の人々は重油まみれになりながら現在も作業に追われているとのことです。
大自然や海洋生物が安心して暮らせるよう、一刻も早く復旧作業がスムーズに終わることを願っています。

全世界のゲーム人口30億人へ!気になる歴代の人気ゲームソフトは?前のページ

広瀬アリスと田中大貴が破局!?その慣れ初めや元カレの情報も……次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 英語学習

    英語が苦手な人への勉強法。日本人が英語を話しにくい理由って?
  2. 英語学習

    英語を習得する必要性とそのメリット
  3. 英語学習

    外国人の恋人がいると英語力は上達するの?
  4. カナダ留学

    カナダ、トロントってどんなところ?
PAGE TOP