カナダ留学

カナダ、トロントってどんなところ?

今回紹介したい都市は、カナダ最大の都市であるトロントになります。

私自身色んな国を訪れているのですが、

カナダのトロントはイベントやスポーツ、異文化など本当にたくさんの魅力があり、長期間滞在していた私の経験を通してお伝えできることもお伝えできればと思います!

基本的な情報はインターネットですぐに出てくると思いますので、ざっくり説明します。

トロント基本情報

人口:約600万人(カナダ最大) ちなみにカナダ全体は約3700万人。
総面積約1,000 万k㎡と、世界で2番目に広大な国土(1番はロシア)
言語:英語 ※カナダの一部、ケベックやモントリオールはフランス語圏
時差:14時間遅れ(日本から)
日本からのフライト時間:直行便約13時間(帰りは風の影響で1時間長いフライト)
気候:春(4月〜6月中旬) 🌸
   夏(6月下旬〜9月中旬)🌻
   秋(9月下旬〜10月)🍁
   冬(11月〜4月中旬)⛄️

 

トロント ってどこ?


意外に日本人にトロントがどこにあるか聞いてもわからない方もいる為、念のためお伝えすると、
位置的には北アメリカの東側にある街で、アメリカ、ニューヨークの北側にあたります。

スクリーンショット 2020-04-26 23.36.52

少し話が逸れてしまいますが、トロントからニューヨークへはバスで10〜12時間で、飛行機だと1時間半くらいで帰ってこれちゃいます。

私が実際ニューヨークに行った時、行きはバスで行ったのですが、もうバスはめちゃくちゃ揺れるし、狭いしで本当散々でした笑
メガバスというバスがダウンタウンから出ている為、それに乗れば昼間出発してニューヨークに朝早い時間帯に着くことが出来ますが、長時間のバス移動が苦手な人は飛行機がオススメです。


バス会社のリンクを貼っておきますので、ご活用ください。↓ https://us.megabus.com
他にもバス会社がいくつかあるのですが、金額は大体40ドル〜100ドルくらいで時期によって変動します。
ニューヨークに行った時の話はまた違う記事でお伝えさせていただきます:)

トロントの気候


冒頭でも少し触れましたが、カナダと聞いてまず思いつくのが、”寒い国”だと思いますが、

やはり北半球に面していることもあり、冬はかなり寒いです!!

その為、冬の寒さは氷点下になり、1月の最高気温はマイナス1℃、最低気温はマイナス7℃。

ちなみに私が初めてトロントに到着して3日後には運悪く、
マイナス25℃の体感温度マイナス35℃で、カナダ政府から外に出るなみたいな警告が出てました笑

画像6

と、言われても出るなと言われたら出てみたくなる為、実際外に出て確かめてみました。

画像21
画像6

ちなみにトロントの冬は寒い為、バスの時刻表を予め確認しておいた方が良いです。じゃないと寒過ぎて待ってられません。笑

 

でもご安心を!

Roket Man』というアプリがあるのですが、これで時刻表を調べることが出来ます。

トロントで生活していると、電車が止まって振替バスが用意されたり、バスが出発できずに、そのバスの振替バスが用意されることがあります。

これも海外生活の醍醐味ですね。

ただし、意外に夜中もバスが動いている為、終電を逃しても帰れることがあります!

画像5

普段日本で生活しているとマイナスの世界を経験しない為、カナダの寒さって耐えられるの?と疑問を抱く人も多いかと思いますが、

実際は住めば、ある程度慣れます!

私の周りに女性で冷え性な方もいらっしゃいましたが、そんな人でも慣れていました。

身体が徐々に適応していきますので、マイナス0℃くらいになると、あれ?少し暖かくなってきた?と体が勘違いします!


むしろカナダにある家や施設、会社の中は基本的に暖房設備が整っている為、比較的に東京よりもお家の中でも過ごしやすいです。

画像5

まぁその国にいたいかどうかは、一人ひとりの目標や価値観によって異なる為、

寒いからやっぱり日本に帰国するとか、という方ももちろんいらっしゃいます。

そんなカナダでも実は四季がちゃんとあり、なんと桜も見ることが出来ます!

画像7

もしトロントでお花見をしたいなら、”ハイパーク(High Park)”という公園がオススメ!

カナダの公園は本当に大きくて、天気も晴天の日が多い為、かなりリラックスできます:)

カナダの良さは、都会でも公園や木々が至るところにあるのがカナダの良さの一つだと思います。

スクリーンショット 2020-05-02 23.13.55

ちなみに西海岸に位置するバンクーバーだと東のトロントと比べて、若干暖かい気候になる為、あまりマイナス20になるといったことはありませんが、夏のシーズンを除いて曇り空、雨といった天気が多いです。

こんな感じ↓

画像8

バンクーバーに行ったことがあるので、別の記事で書かせて頂きますが、現地の人に聞いても雨が多すぎて憂鬱になる人もいるらしいです。その為、別名レインクーバーと言われています。

ここからは夏になりますが、カナダの夏は本当に最高!

画像15


日本のジメジメした暑さは全くなく、カラッとした気候で、真夏でもジーパンはけるくらい快適です:)

カナダの夏を経験するともう日本に帰れません。実際気候が気に入ってカナダに移住する人もいるので、訪れたことがない方は一度旅行で行ってみて下さい。

画像15

 

続いては秋!

カナダの秋の紅葉はスケールが違います!

特にアルゴンキン州立公園(Algonquin Provincial Park)ではオンタリオ州で最も古く、大きい州立公園ですが、大自然の中、カヌーやキャンピングをしながら紅葉を楽しむことが出来ます。

夏季限定(だいたい5月〜10月の間)でトロントからアルゴンキンパークへバスが週1〜3本程運行しています。停留所や料金など詳しく知りたい方は、下記サイトをご確認ください。

トロントの紅葉の時期は、毎年9月下旬から11月にかけてです:)

Parkbuswww.parkbus.ca

スクリーンショット 2020-05-03 15.08.11

家 / シェアハウス / コンドミニアム(高層マンション)

一度はこんなこと思ったことないでしょうか。

庭付きの大きな家に住みたいな〜、自然豊かな場所に移住したいな〜とか。

カナダにも色々お家がありますが、基本的に一等地やダウンタウンを除いて、日本のお家と比べて大きくてリーズナブルになります。

ちなみに私がカナダにいた時は、とにかく色んな家庭やお家、場所にトライしたいと思い、転々と物件をまわってみてました!


ホームステイ→インドネシア系のお家、カナディアンのお家、フィリピン人のお家
シェアハウス×3回
コンドミニアム(ジム・映画館・プールとサウナつき等)

では住む家によって、どんな違いがあるか見ていきましょう!

ホームステイホームステイ

ホームステイの場合、ある程度ルールがあります。
例えばこんなの↓

画像10

おそらく日本人に馴染みがないのは、8番ですね。

その家によりますが、ホームステイ先では週末にしか洗濯機を使わないでくださいみたいなルールがあります。

場所によってはシャワーは長時間使わないでくださいといったルールもあります。

一般的なカナダのお家にはベースメントと行って地下室があります。

っといっても牢獄みたいな薄暗い部屋ではなく、すごく明るい快適な場所になります。

画像12
画像24


最初のホームステイではブラジル人、韓国人、中国人、ロシア人、ベネズエラ人、フランス人がいて、自分が一番英語が話せなかったのですが、みんなでよくご飯を一緒に食べて仲良くしてました:)

一般的にホームステイの場合、食事なしのところもあれば、三食付きのルールのところもあります。
お昼は自分たちでバナナとかパンとかを持っていってもいいですし、外で買ってもOK!
金額にすると月々安ければ5、600〜1400$。

画像13

※注意※
エージェントを使うと手数料や紹介料などで多く取られるので、オススメとしては自分で探すか、友達の紹介の方が100%いいです。
私が実際にエージェントを使ってホームステイをした時には1,300$くらい毎月支払っていました…

ちなみに私がホームステイした時の写真がこちら↓

画像15
画像23
画像24

シェアハウス

基本的にシェアハウスだと、キッチンやシャワールーム、トイレは共用スペースになります。
その為、あまり人と関わりを持ちたくない人や気を使う人はあまりオススメしません。

中には勝手に冷蔵庫の中の食べ物を食べられたり、使いたい時間にキッチンを使えないなど不便な点もある為、入居する際はしつこいぐらい質問して環境を試した方が良いでしょう。

私は以前、韓国人の友達経由で、韓国人オーナー(めちゃくちゃ良い人)を紹介されて、知らない韓国人たちとシェアハウスをしました。

が、結果まあ酷かったです。

家に帰ればキッチンはサムギョプサルの油でギトギトで、夜遅くまで韓国ドラマで悲しい曲が聞こえてくるわで大変でした。笑
その上、その韓国人は反日感情を持っている方で、嫌がらせが始まり、結局こんな家住めるかアホ!ってな感じで、オーナーにクレーム入れてすぐに出ていきました!

ただ、安さで言うとホームステイと比べると安上がりですし、シェアハウスのため基本的に家賃光熱費は払いません。(厳密にいうと家賃に含まれています。)
また、自分で好きなものを作れるのでプラスの面もあります。

 

その時の環境にもよりますが、

友達とシェアハウスをしたりすればかなり面白と思います!安いと400$〜。

ホームステイ含め、女性専用のシェアハウスもありますので、比較的見つけやすいです。
おそらく男性で勝手にホームパーティして酔っ払ったりした人がいたんでしょう笑

シェアハウスの写真↓ 比較的キッチンは小さめになります。

画像22

コンドミニアム

画像22

物件にもよりますが、プールとジム付きでビリヤード台や映画鑑賞できるような小さなシアター付の場所もあります。

基本的にコンシェルジュがいる為、困ったときはなんでも教えてくれます。

画像23

外出しなくても運動できるし、プールも基本一年中使える為、お金がある方はコンドミニアムはオススメ。

多少高いですが、シェアハウス物件もある為、生活が少しずつ慣れてきてバイトもし始めたら良いんじゃないかなと思います!

金額にすると月々安ければ800$(シェア)〜。一人で済む場合は1200〜2,500$

画像20
画像21

 

人種

画像24


トロントは『人種のモザイク』と言われており、たくさんの国籍の方がいます。

おおよそ半分は、現地の人ではなく、なんらかの形で移民した人達のため、国際関係豊かな国の一つと言えます。

以下のリンクは、カナダ政府が出しているどんなルーツを持つ方々が、トロントにいるかを見ることが出来ます。

スクリーンショット 2020-05-03 0.52.20

実際私がカナダに行った時もアジア人からヨーロッパ、中南米まで本当に幅広く友達をつくることができました。

カナダの特徴の一つとして、いろんな人種や文化を尊重しようとする国民性のため、非常に過ごしやすい環境と言えるでしょう。

※ただし、バンクーバーに比べるとアジア人の比率は多くはないですが、英語の勉強だけにフォーカスした場合、あまり日本人や留学生ががいないところの方が、語学力が伸びる環境ではあるかと思います。どこにいても語学力が上がるのはその人次第ですが、割合で考えるとやはり外国人が多いところより、現地のカナディアンがいる環境の方が必然的にリアルな英語に接する時間が長いです。

 

最後に

少しでもカナダやトロントに留学した時のイメージを持っていただけましたでしょうか。

実際には様々なイベントやスポーツなど、カナダならではの文化がたくさんあります!別の記事では、さらにカナダの魅力をお伝えしていきますので、ご興味がある方は是非参考に見ていってください。

質問等も受付しております:)

英語が苦手な人への勉強法。日本人が英語を話しにくい理由って?前のページ

カナダでオススメの食べ物って?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カナダ留学

    カナダ、トロントってどんなところ?
  2. 英語学習

    英語を習得する必要性とそのメリット
  3. 英語学習

    外国人の恋人がいると英語力は上達するの?
  4. 英語学習

    英語が苦手な人への勉強法。日本人が英語を話しにくい理由って?
PAGE TOP