環境問題

蛇口から真っ黒な水?これを飲んだ中国人の末路がこちらになります……

中国の安徽省(あんきしょう)で住民ら約500名近くの人たちが、嘔吐や腹痛などの症状で運ばれて病院に搬送されました。

原因は赤痢症に感染していることが判明しました。詳しい調査をしたところ、なんとその原因が驚くべき現状でした。

水道水の蛇口をひねると、なんとそこから出て来たのは、真っ黒な水。

 

 

中国の地元当局は、水道水の水を飲んだことが原因であるとし、水の供給を一時停止しておりました。

29日に貧困層の飲み水の安全の問題を解決したと発表していたばかりでしたが、、、、

 

これを見た人たちの声は?

 

 

 

 

 

いやいや、まず500人もなんでこの黒い水飲んだのかがよくわかりません。笑

元々衛生環境的に良くないというのは、有名な話ですが、

黒い水って! コーラだとでも思ったのか。。。

ちなみに赤痢の症状は、

主に「嘔吐」「腹痛」「下痢」「発熱」だそうで、運ばれた方々のほとんどの方が、この症状に該当しています。

発熱がない方もたくさんいるそうですが、症状が悪化すると症状が強くなったり、重症化するとのことです。

 

赤痢とは

「引用元:https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/406-dysentery-intro.html」

細菌性赤痢の主な感染源はヒトであり、患者や保菌者の糞便、それらに汚染された手指、食品、水、ハエ、器物を介して直接、あるいは間接的に感染する。水 系感染は大規模な集団発生を起こす。感染源がヒトであるので、衛生水準の向上と共にその発生は減少する。サルも細菌性赤痢に罹患し、輸入ザルが感染源に なった事例もある。

感染菌量は10 ~100個と極めて少なく、家族内での二次感染は40%もみられる。世界的にみれば患者の約80%が10 歳未満の小児である。わが国でも大戦後まもなくは同様の状況であったが、1970 年代後半から患者数が激減し、現在では国外感染事例が70 ~80%を占めており、推定感染地としてインド、インドネシア、タイなどのアジア地域が多い。また、近年の患者の70 ~80%は青年層である。

 

中国の水

中国の中国住宅・都市建設部水質センターが2009年ごろに行った中国全土の水質状況に関する調査によると、安全基準を満たしている中国の水道水は、たったの半分だったと言われています。

そのため、約50%の半数が汚染水として水道の蛇口から流れていることになります。

そのため中国に旅行する際は、必ず水を購入することをお勧めします。

ちなみに中国の水は硬水のため、日本の軟水の水とは違うため、日本人に合う合わないがあるかもしれません。

なぜ世界から水質汚染による病気がなくならないのか

実はこれ、中国に限った問題ではなく、東南アジアからアフリカまで、いろんな国で起こっている問題になります。

 

①下水処理するための施設が少ない

安全な水を使用することができない上に、浄化することができない環境があることで、やむを得ず汚い水を生活するために使用・飲むことにより

今回の赤痢のような症状を起こしてしまう。

こうした状況により、毎年幼い子供たちが命を落としています。

 

②工業排水

近年日本では少なくはなって来ているものの、世界的にみるとこの問題は大きいです。

設備が整っておらず、貧困層が多い地域では、工業排水を通じてオイルや有害物質が生活地域や川、海に流れて、

そこにいる生き物や食物、水を口にすることで悪循環を生み出してしまうのが現状です。

2020年になった今、世界の人口の半数の人たちが水道を使えるようになったと言われていますが、

それでもなお役、7億人近くの人たちが安全な水を飲むことができず生活をしていると言われています。

サッカー 内田篤人が8/23で引退。イケメンを支えた嫁との衝撃的な出会いとは?前のページ

イケメン俳優、佐藤健がヒカキンの「HikakinTV」出演!キュンキュンしたい方必見!!次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 英語学習

    外国人の恋人がいると英語力は上達するの?
  2. カナダ留学

    カナダ、トロントってどんなところ?
  3. 英語学習

    英語を習得する必要性とそのメリット
  4. 英語学習

    英語が苦手な人への勉強法。日本人が英語を話しにくい理由って?
PAGE TOP